読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばり屋さん

3ヶ月ぶりに実家に帰って、

もうここは私のいる世界ではないのだと悟った。

それは、暴力的に私を疲弊させた。

「きみがそういうひとでないことは、きみのことを知っていれば

たやすく解ることだよ。」

家族って、いや、家族だからこそ、相手を枠にはめたがる?

解ってくれるひとがいる世界が、私にはあるからいい。

 

会社代表のイベント係をおおせつかり、

なぜか私だけ二重の仕事を任せられて、

いやだなぁなんて言いながらも

私のどこかに潜む「お祭り女」が

ポスターを2種類も作らせた。

すぐに「いいね」と反応してくれるひとがいた。

面と向かって「○○さん素晴らしいね」とほめてくれるひとがいた。

このひとがいたおかげで、

自分のしたことに対する反応を待って一喜一憂することも、

必要以上に恥ずかしがることも、なかった。

・・・そういうひとになろう。

できなくてもいい。平凡でいい。

素直に相手を見つめられるひとに。

 

とはいえ

あ~、褒められるって、認められるって、うれしい。